不合格の場合

車検を受けたものの、不具合が発見されてしまい不合格になってしまう場合があります
一つでも不合格箇所があると新しい車検証を発行してもらう事が出来ません。どこに車検を頼もうか迷っている方、車検切れでも大丈夫!クリック車検にお任せください。きっと満足すると思います。
慌てる必要はありません。
不合格箇所を修正して再び車検を受ければ無事合格する事が出来ます。
また受験日当日であれば事前予約無しで再び受験を受ける事ができるようになっています。
しかし不合格箇所の再検査を受ける事が出来るのは一回の申請につき三回まで、二回目では追加料金を払う必要はありませんが、三回目では再度検査手数料を支払う必要が出てきますので気を付けましょう。
もっとも二回目で検査に通らない事はめったにありません。
最初の検査で不合格箇所があったら検査官にしっかりと不合格の内容と理由を確認し、次で確実に合格できるようにしましょう。
当日直らない場合や、工場に預ける必要がある場合は後日再検査を行う必要があります。
その場合は限定自動車検査証を発行してもらいます。
これにより、車検に不合格なので本来なら公道を走行する事は出来ませんが、検査、整備、修理のためなら限定的に走行する事が出来るようになります。
この限定自動車検査証の最大有効期間は初回の検査日を含めて15日間となっていますので、その期間内に不合格箇所を整備し再検査を受けなければなりません。
もしこの期間を過ぎてしまうと公道を走行する事ができないので、仮ナンバーを発行してもらうか、業者に車を運んでもらって再検査を受けに行かなければなりません。
うっかり使ってしまわないように気を付けましょう。
車検に合格する為にはきちんと整備をしておかなくてはなりません。
しかしそれと同じぐらい大切な事があるのです。
それは、車検前に洗車しておくという事です。
当然ですが、車に不備があれば車検で合格する事が出来ません。
しかしたとえ不備がなくとも、車が汚れていることにより正常な部分に異常があるように見える事があります。
検査官は異常があるかもしれないと考えられれば不合格を出さざるを得ません。
hhrtrshtr
それがただ汚れているだけだとしても、機器に異常があるように見えてしまってはダメなのです。
変な所で不合格を出されない為にも、ある程度車を整備、点検、洗浄を行った上で車検に出すようにしましょう。
自分で洗車を行うには高圧洗浄機を使いましょう。もちろんガソリンスタンドでお願いしても、セルフスタンドを活用してもかまいません。その場合は通常の水洗いのみで十分きれいにする事が出来ます。
高圧洗浄機で洗車する場合は、車体の下廻りやタイヤ廻りを重点的に洗浄しましょう。
特に下廻りは重点的にチェックされるので念入りに洗浄した方が良いでしょう。
もっとも、ボンネット内のエンジンルームの洗浄時には高圧洗浄機は使ってはいけません。
エンジンルームに水が入り込むとトラブルを招いてしまう場合があるからです。
少々手間はかかりますが、雑巾で汚れを拭き取って行きましょう。
エンジンルーム内は消耗品が非常に多くなっています。
摩耗したり劣化したりしているものは交換し、ウォッシャー液の補充や冷却水チェックなども忘れないように気を付けましょう。
車検切れでも車検を通す方法は?(http://www.click-s.jp/case/expired.html)

更新情報